メッセージ

代表からのご挨拶

代表取締役社長横山 源太

 人は何のために仕事をするのか。家族を養うため?自分の趣味のため?ただ食べていくため?私は、仕事とはまさに、自分の存在を確認し、自分を磨き、表現する場だと考えています。特に介護・医療という仕事は、『あなたにしかできない何か』が利用者様及び患者様との人間関係の中で見つけることができるものです。
 私たちが関わらせて頂く高齢者の皆様は、80年90年という長い時間を生きてこられた人生の大先輩です。その方々の最期の数年に誰がどのように関わるのかは、高齢者にとって重要であると同時に、私たち自身にも緊張感があり大いにやりがいを感じるものです。『あなたがいてくれて良かった・・・』そんなお言葉を頂ける事が、私たち自身の人生を輝かせるのだと思います。

先輩スタッフからのアドバイス

  • ショートステイまはえ
  • 花村
  • 私が介護職に就こうと思ったきっかけは「人の役にたつ仕事に就きたい」という思いからでした。ちょうど就職活動をしている私に、まはえクリニックで働いていた姉がある一枚の広告をもってきてくれたことでした。その広告には介護とはどういうものなのか、介護職に興味はあったものの、まったく知らない世界、まずは話を聞きに行ってみようと思いまはえ企画のこの講座に参加しました。
    短い時間の為少しではありましたが、話しを聞きこの仕事に就きたいと強く思うようになりました。その時社長が私に声を掛けて下さり、まはえ企画のホームヘルパー二級の研修に参加し、今こちらで働かせてもらっています。
    いざ介護の現場にはいりはじめはとっても大変なことばかりでした。私は弱い人間だった為ちょっとしたことでくよくよしていましたが、それを助けてくれたのは話を聞いてくれ、アドバイスをくれた職員の先輩方、元気づけてくれた利用者様方でした。
    まだまだ大変なことはたくさんありますが、それ以上に楽しい事、嬉しい事があります。
    ささいなことではありますが、利用者様の笑顔、「ありがとう」「あんたがいてくれてよかった」この言葉で本当に続けてて、この仕事に就いてよかったと思います。
    そしてなにより仕事とはいえ、これほど人の温かさに触れることが出来るのも介護の魅力だと思います。