メッセージ

代表からのご挨拶

代表取締役社長横山 源太

 人は何のために仕事をするのか。家族を養うため?自分の趣味のため?ただ食べていくため?私は、仕事とはまさに、自分の存在を確認し、自分を磨き、表現する場だと考えています。特に介護・医療という仕事は、『あなたにしかできない何か』が利用者様及び患者様との人間関係の中で見つけることができるものです。
 私たちが関わらせて頂く高齢者の皆様は、80年90年という長い時間を生きてこられた人生の大先輩です。その方々の最期の数年に誰がどのように関わるのかは、高齢者にとって重要であると同時に、私たち自身にも緊張感があり大いにやりがいを感じるものです。『あなたがいてくれて良かった・・・』そんなお言葉を頂ける事が、私たち自身の人生を輝かせるのだと思います。

先輩スタッフからのアドバイス

  • まはえの訪問看護リハビリステーション
  • 理学療法士
  • 後藤 徹也
  •  皆さんは訪問リハビリに対してどんなイメージを持っているでしょうか?
    私は以前、急性期病院に勤務していました。もちろん入院中から在宅を
    イメージしてリハビリを行っていたのですが、いざ在宅に訪問してみると
    各家庭本当に様々でした。
    手すりが設置出来なかったり、すごく高い段差があったり、クリアしなければ
    いけないことがたくさんあります。
    訪問リハビリは、実際の環境を見て利用者様と在宅や近所などの環境に合わせた
    リハビリを行えるので、言ってみればオーダーメイドのリハビリを行うことが出来ます。
    そういった環境の中で知恵を絞りながらリハビリを行い、利用者様の出来ることが
    増えたり、活動範囲が広がったりして、利用者様の笑顔が見られた時の喜びは
    格別です。
    あなたも利用者様の笑顔のために、まはえで一緒に頑張ってみませんか?